事業概要と運営体制

事業概要

群馬大学では,基礎医学への興味を喚起するため,入学直後から基礎研究の体験実習や基礎医学研究室配属を行ってきました。また,放課後型MD-PhDコースを設置し,研究室での指導に加え,大学院講義の一部も受講可能としてきました。加えて,卒後研修と並行した大学院履修を可能としています。その結果,平成24年度のMD-PhDコース在籍者は31名,平成25年度は100名,平成26年度は92名,平成27年度は76名,平成28年度は70名にのぼります。

平成24年8月,この試みをさらに発展させ,卒前・卒後一貫MD-PhDコースを新設しました。履修希望者に選抜試験を行い,合格すれば一貫コース履修者(プレ履修者)となります。受講した大学院講義・演習は,大学院入学後に大学院単位として認定します。卒後は臨床研修と並行して研究を継続し,学位取得後には特任助教(仮称)として採用されます。特に法医解剖医志望者は,認定医資格取得を目指します。本プログラムを通じて基礎医学研究医および法医解剖医の養成を図ります。

運営体制

本事業は,医学部教務委員会医学科部会および大学院医学系研究科医科学専攻教務委員会が連携して運営し,研究科長(医学科長)が統括します。また,解剖学,生理学,生化学,薬理学,細菌学・ウィルス学・寄生虫学,衛生学・公衆衛生学,病理学,法医学など基礎系各分野,および放射線診断学分野とAiセンターの協力を得て運営します。

学生の選抜は,従来型MD-PhDコースの選択者から一貫コース希望者を募り,医学科2年次~6年次に大学院入学試験と同等の基準で選抜試験を行います。

プレ履修者の教育は,専攻先の研究室における研究指導と,医学教育研究支援センターが運営実施する共通科目に大別されます。共通科目のうち,基礎連続講義と医学基礎技術実習および専門科目の特別講義および大学院チュートリアル演習を学部在学中に選択することができます。